上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
101117_063826.jpg  またまたずいぶん日が経ってしまったんだけど
  11月に1泊で登山行ってきました!!!
  ってかかなりの珍道中だったのかも

  今回の場所は、時期もあって近場に。
  本当は雲取山へ行きたかったんだけど
  公共機関では行きにくかったから
  今回は地元丹沢へ!!!

  丹沢登山の装いは・・・・・・・
  UNIQLOで購入の山スカ風味のスカート(笑)
  &
  UNIQLOで購入のレッグウォーマー(笑)
  でも実際当日は雨模様だったからゲイター履いて
  レッグウォーマーは隠れたけどね~

メンバーは2度目の女子(笑)3人組!!
8月に御岳山に行ったメンバーで今度は1泊2日の縦走登山にチャレンジ!!

行き先は丹沢は塔ノ岳丹沢山!!!
塔ノ岳はリベンジもあり、丹沢山は百名山と言う事もあって中々楽しみだったあたし達。

しか――――――――し!!!

出発日の前々日になって、当日が雨予報だと発覚。。。。。。

そんなこんな行って来た山登り紀行だよ(笑)  コレ自分でグリグリしてみてw


今回の行程は
【1日目】富士見山荘→ニノ塔→三ノ塔→烏尾山荘→行者岳→新大日→塔ノ岳(尊仏山荘宿泊)
【2日目】塔ノ岳→丹沢山→塔ノ岳→大倉尾根→大倉

塔ノ岳のリベンジって気持ちは大いにあって。でも大倉からは2度と登りたくないって思っててw
だので今回は交通の便は不便なんだけども、ヤビツ峠から行くことに。

平日は1日2本しか出てないヤビツ峠までのバス。
乗り過ごしたら次は16時まで来ないヤビツ峠行きのバス。
乗らないといけないヤビツ峠のバス。。。。。。。。。。

実は。

この2日間。山以外の行き帰りの道のりでハプニング続出してたのさ(笑)

①待ち合わせ駅で合流できず。
とりあえずあたしともう一人ANNは無事に起きれて小田急線に乗り合わせられたんだけど
もう一人のアミハナちゃんが何と。
3人待ち合わせ場所までのJRをあたしが乗車してる姿を見ながら見送ったとのメールが!!!

見送ったですと――――――――!!!!

ビックリしたあたし達。

でもどうにかこうにか、他のルートから同じ電車に乗り合わせる事に成功~
第1難関突破www

しかし。
あたし達の朝のハプニングはまだまだ続いて。。。。

②乗らなきゃいけないバスに乗れないよぉ。
相模大野で乗換だったんだけど、小田急線に慣れてないあたし。
快速とか、急行とか、各停とか慣れてないあたし。
相模大野で向かいのホームへ移動したところまではよかったのだが。
来た電車に素直に乗ってしまったあたし達。

しか――――――――し。。。。。

なんとなく聞いてた車内アナウンスだと「各駅停車~」って言ってる。
ケータイの乗り換え案内確認。
乗換案内で示していたのは、相模大野で乗った電車の2分後に到着してたらしき
「急行小田原行」

なんどもケータイを見直してしまったよ
だって乗った電車が違うんだもん!!!!

でもまー到着駅は同じだから・・・・
って思ってたんだけど、各駅停車の方が2分前に相模大野に来てたのに。
目的の秦野駅に着くのは急行の数分後、バスの発車時刻後。

あれれれれ。

各駅停車急行ってそんなに差があるんだー

って思ってちょっとゾッとした。
あんなに色々楽しみに計画していた登山が頭から計画倒れになっちゃうんじゃないかと
マジ心配してゾッとした・・・

どうにか途中駅でうまく乗るはずだった急行に乗れないか検索してみたんだけど
どこかで各駅停車を抜かした急行はそのまま各駅停車よりも先行してて追いつけず。

結局諦めて秦野からタクシーで富士見山荘に行くことにしたんだ(笑)
でもまだあるハプニングwww

③アミハナちゃん、ザックカバー忘れる。
最近一緒に山へ行くようになってきたからね、まだ持ってなかったのよ
ザックカバー。
そこであたしの3年前に買ったザックカバーが余分にあって
前もってアミハナちゃんへ託しておいたのだがご自宅で留守番されてた模様(笑)

雨予報だからかなりの必須なんだけどね
ここはもう。バスも行ってまったし。秦野でゆっくりする事もいいわけで。
スーパーでどうにか見繕ってうまく対応してみる事に。

そんなこんな。

やっとこさ秦野から登山口へ向かえる準備が整ったあたし達。

秦野からタクシーに乗って、ヤビツ峠よりももう少し先にある富士見山荘まで
らく~~~~に運んでもらったのでした(笑)

つづく~♥akn♥旗振
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aiyan.blog43.fc2.com/tb.php/1236-71963d15
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。