上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
平安神宮が18:00で終了になって
どこへ行こうか迷って、人力車のお兄さんに教えてもらった南禅寺。

ここにはとても素晴らしい建造物があったなんて
実際目にした時には全然気がつかなかったんだ。。。

後からブログにまとめようって思って
思い出をたどっていたら、実はステキな場所だったんだなって
帰ってきてから実感したの

だんだん日も暮れて、写真もブレ出してる頃
まだあたし達は水路閣までたどり着けてなかったんだ

IMGP6953  夜になる途中
あたりはもう暗い。
人の気配もまったくなくなった、とても静かな南禅寺。

あたしたちは写真を撮る事に夢中だったのね

テクテク歩いて行って三門を過ぎて。ちょっと右側を見たらありました。
水路閣が!!!!

南禅寺奥の水道橋
なんて立派な建造物なんだろ
これは、琵琶湖疎水が境内の中を流れている「水路閣」

明治時代、東京遷都のため沈みきった京都に活力を呼びもどすために田辺朔郎が設計んだって。

水路閣は、この疏水事業の一環として施工された水路橋で
延長93.17メートル、幅4.06メートル、水路幅2.42メートル。
煉瓦造、アーチ構造の優れたデザインを持ち、京都を代表する景観のひとつで
毎秒2トンの水が流れてるのだそうだ。

この情報は今回日記を書くためにチェックした内容。
そんな事も知らないでただただ夜の撮影に夢中になってたあたし

もったいない事をしたなぁ。。。。。

IMGP6963

アーチの中に入って撮ってみたり、上に行って見てきたりすればよかったな。。
「水道橋」とか「水路閣」とかで検索すると、色んな方が撮った写真とかブログがあるから
ぜひおススメ。見て頂きたい。
これは夜は神秘的でキレイだけど、日中の日差しを浴びてる姿も圧巻だろなぁ

また京都へ行きたい気持ちが膨らんできた
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。